健康

ポイントは代謝アップ!

代謝とは?

【食べたものを生きる力に】

栄養素をエネルギーに変え、あらゆる活動を支えます

私たちは、毎日の食事で栄養素を摂り入れ、それを体内で燃やし、活動するためのエネルギーにしています。

このように、栄養素をエネルギーに変え、消費するシステムを「代謝」といいます 体温を調節したり、

呼吸をしたり、心臓を動かしたり、食べ物を消化・吸収したり、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせたりするのも、

みんな代謝の働きによるものです。

代謝は、私たちの生命活動そのものといえます。

【一口に代謝といっても3種類】

3つのうち、「基礎代謝」がとくに重要です

代謝には、次の3種類があります。

● 基礎代謝……生命維持に最低限必要な、心身ともに安静な状態で消費されるエネルギー。

成人では男性 1600kcal、女性1200kcal前後。

● 生活活動代謝……日常の活動や運動で消費されるエネルギー。

● 食事誘導性熱代謝(DIT)……食事をするという行動や、消化・吸収することで消費されるエネルギー。

このうち 1日の消費エネルギーの6~7割を占める基礎代謝は、

まさに代謝の主役 この基礎代謝を上げるには、筋肉をつけること。

ちょっとした運動や生活の工夫で、筋肉量はアップします

【代謝のよい人、悪い人】

代謝がよければ、食べても太りにくい体に

「代謝がよい」「代謝が高い」とは、栄養素を燃やしてエネルギーに変え、消費する働きが活発なこと。

つまり、食べても太りにくく余分なものをため込みにくい体です。

逆に「代謝が悪い」「代謝が低い」人は、太りやすくため込みやすい体といえます。

ダイエットをしてもやせにくい、体温が低い、冷えやむくみがある、汗をかきにくい、

疲れやすいなどの症状があるなら、代謝が落ちている証拠といってよいでしょう。

引用
デトックスでカラダの中からキレイに!
監修
福田千晶先生、牧野直子先生

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です