健康

NK細胞を活性化させる方法

、体温を上げる

Nk細胞の免疫力を高める方法は様々あります。

中でもお勧めしたいのが「体温を下げないこと」です。

このように体温を重視する健康法は世間では大きなトレンドとなりつつあります。

例えば、米国在住の医師・斎藤真嗣氏の著書「体温を上げると健康になる」(サンマーク出版)は、

現在では35万部を超える大ベストセラーになりました。

「日本人の平均体温は半世紀で0.7度ほど下がった。

健康といわれる体温は36.5~37.1度で、低体温の状態が続くと、

様々な病気につながる。逆に体温が上がれば血流が促進され、

酵素や栄養が供給されて筋肉や骨の働きが活発になり、

自律神経の乱れを改善する」と斎藤氏は主張しています。

免疫学の権威である安保徹新潟大大学院教授も同様に

「体温を36度から37度に保つのがいい。体温を上げると免疫力が上がる」と述べているのです。

さらに2009年10月7日付けの東京新聞では、

新型インフルエンザ予防と体温の関係について大きく取り上げました。

、ストレスを解消する

ストレスをためない」ことも重要です。

しかし、現代はストレス社会といわれるほど、

ストレスを感じずに生活することはほとんどできません。

ならば、ストレスを解消すればいいのです。

趣味を楽しむ、

買い物に行く、

おしゃべりをする、

十分に寝る、

ゆっくり入浴するなど、

何でもかまいません。

自分なりのストレス解消法を見つけてください。

PDPの寝具を利用すると、

唾液中のストレス物質(クロモグラニンA)が減少するという結果が、

実験によって明らかになっています。

つまり、PDPの寝具に寝るだけでストレスが解消されるのです。

「健康食品を利用する」という点でいえば、

ゴーナム博士の研究報告でご承知のとおり、

アラビノキシランには免疫力を活性化する作用がありますし、

ケフィアを服用することで腸内環境が整えば、

免疫力が高まることもよく知られています。

確かに、新型インフルエンザを予防するには、

NK細胞を活性化することが大切です。

ただし、それだけで完全に予防できるわけではありません。

副作用の心配はあるのものワクチンの接種も有力な方法の一つですし、

日々のうがいや手洗い、人ごみにできるだけ立ち寄らないことなどの

予防法も同時に実践してください。

引用

レインボー・情報健康マガジン レインボー通信

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です