健康

あなたも知らないと危ない「糖尿病にかかわる5つのどうして?③」

どうして血糖値は正常なのに糖尿病なの?

糖尿病は血液検査をもとにして診断されます。

健康診断のメニューにありますので、

多くの場合、これによって判明してきました。

皆さんは検査当日の朝食はどうしていますか?

一般的には食べずに済ませるでしょう。

特に内視鏡検査などが同時に行われる場合は

前日の夕食を控えることもあります。

つまり、検査を受けるときは、空腹状態にあるわけです。

糖尿病を診断する際、

空腹時の血糖値を参考にすることもありますが、

最近では食後2時間の血糖値を重要視しています。

空腹時の血糖値が正常でも、

食後2時間の血糖値が正常であるとは限らないからです。

空腹時の血糖値検査しか受けていない人は、

「異常なし」とされていても、

糖尿病が進行していることはあるのです。

一度、食後2時間の血糖値検査を受けてみてください。

引用 レインボー・健康情報マガジン レインボー通信 第137号

注;糖尿病には主に子供のころに発症するⅠ型糖尿病と、
過食や肥満などを原因とするⅡ型糖尿病がありますが
今回は生活習慣病であるⅡ型糖尿病をとりあげています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です