BLOG

あなたも知らないと危ない「糖尿病にかかわる5つのどうして?」②

どうして痩せていても糖尿病になるの?

過食や肥満が原因とされていることから、

糖尿病は太った人の病気というイメージがあります。

だから、私は痩せているから安心だと思っている人も少なくありません。

ところが、これは大きな誤りです。

最近の研究では、わずか3日ほどで糖尿病と同じような状態になることがわかってきました。

食べ過ぎや飲みすぎが2,3日続くだけで肝臓に脂肪が付着する脂肪肝になってしまいます。

肝臓は糖を血液中に出し入れする働きをしていますから、

脂肪肝になると、

肝臓は糖を取り込めなくなり、

血糖値が上がってしまうのです。

この状態が長期間続くと、

本格的な糖尿病となります。

痩せている人も例外ではありません。

また、糖尿病は遺伝も大きく関与しているので、

親が糖尿病なら、子供は痩せていても糖尿病のリスクを抱えることになります。

引用 レインボー・健康情報マガジン レインボー通信 第137号

注;糖尿病には主に子供のころに発症するⅠ型糖尿病と、
過食や肥満などを原因とするⅡ型糖尿病がありますが
今回は生活習慣病であるⅡ型糖尿病をとりあげています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP