BLOG

あなたも知らないと危ない「糖尿病にかかわる5つのどうして?」①

2210万人/12700万人。

日本人の5人から6人に1人の割合で糖尿病が疑われています。

どうして糖尿病になるの?

私たちは、ごはんやパン、果物などを食べることによって、

これらに含まれる糖質をとっています。

これが体内でブドウ糖となり、血液を通じて各細胞に取り込まれて、

エネルギー源となるのです。

血液中の糖である血糖の値は、

すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって調整されていますが、

インスリンの分泌や働きが悪くなると、

血糖値がコントロールできなくなり、

どんどん上昇してしまいます。

これが糖尿病です。

過食や肥満、ストレス、運動不足などが原因としてあげられます。

中高年に多い病気ですが、

最近では若くして発症する人も増えてきました。

メタボを指摘された方は、

糖尿病になるリスクがかなり高まっていると考えてください。

いや、知らず知らずのうちに糖尿病にかかっているかもしれません。

引用 レインボー・健康情報マガジン レインボー通信 第137号

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP