健康

生育光線の役割

私たち人間の体は、
子どもで体重の約70%、
成人では約60~65%、
老人では50~55%が
水分からできています

体内の水は、大きく細胞内液と細胞外液に分けられ、
細胞内に存在する細胞内液は、体内水分の約3分の2を占めています。
一方、残りの3分の1である細胞外液は、
体内を循環する血液とリンパ液、細胞と細胞の間に存在する細胞間液に分けられます。

血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、
老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排泄する
という大切な働きをしています。
その血液の半分以上は血漿(けっしょう)という液体です。
そして、血漿のほとんどが水でできています(血漿の水分は91%)。

このように水が生命を支えているわけですが、
その水を活性化させる働きが生育光線にはあります

水は水分子(H2O)がいくつも集まって
特定の塊になった状態で存在するわけですが、
これをクラスターといい、
生育光線にはこのクラスターを小さくする働きがあります。

では、何故クラスターが小さくなることが良いのでしょうかはてなはてなはてな

小さくなることによって、狭いところも通り抜けやすくなり
ひいては体内での水の移動が活発になるので、
つまりは、健康に良いということになります。

例えば、先の説明の通り、人間の血液が担っている役目は、
体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、
老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排泄する
という大切な働きがあります。

体内での水の移動が活発になると
この働きが活性化することによって
細胞一つ一つが活性化して元気になり、
身体全体の新陳代謝も良くなり、
健康にも美容にも良い結果で出ることになります。

【参考文献】

洲崎八景/著 『プラチナダイヤモンドフォトン』 角川学芸出版
桜木晃彦/著 『図解からだのしくみがわかる本』 新星出版社
鈴木宏明/著 『水のはてなQ&A55』 桐書房
奈良昌治/著 『水でやせる』 新講社
女子栄養大学栄養科学研究所/編 『水と健康』 女子栄養大学出版部
「健康医学」
http://www.kenkoigaku.or.jp/
「熱中症のホームページ」
http://www.heat.gr.jp/index.html
播磨裕・岡野正義・山崎岳 他/編著 『水の総合科学』 三共出版
高橋裕 他/編 『水の百科事典』 丸善 1997

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です